相続の豊富なSEOでの集客実績 確実な成果を実現

2023年5月27日

相続の集客を目指してホームページを立ち上げたけれど、思ったような集客が出来ない。十分なお問合せを獲得出来ないと悩んでいる司法書士、行政書士、税理士、弁護士など相続業務を行っている士業の事務所の方へ、それぞれの事務所で相続のSEOを有効に行う方法と、当社のSEO施策をご紹介いたします。

SEOには専門家に依頼しないと対応出来ない分野もありますが、ご自分で出来る部分も多くあります。相続のサイトに特化したSEO情報をご提供いたします。

相続に関連するキーワードは無数にあります

上記の画像は、「相続」に関連して検索されているキーワードの一部を切り取ったワードマップです。相続に関連するキーワードは無数にあり、集客はそんなに難しく無いように見えます。

しかし、多くの集客を獲得して、ネットからの受注のみで稼働出来ている事務所がある一方で、ネットからの反応は全く無く、提携先からの案件の受注に頼っている事務所があるのは何故でしょう?

答えは、「相続 地域名」などのキーワードで決め打ちしていて、ユーザーが悩んでいる多様なキーワードに対するコンテンツが決定的に不足しているか、テクニカルSEOの問題があるからです。

相続では様々な問題に直面し悩んでいるユーザーがたくさんいます

相続では、それまで仲が良かった兄弟に亀裂が生じたり、様々な問題に直面します。このような問題に直面して、悩んでいる人は、その悩みを解決するために色んなキーワードを検索窓に入れて検索しています。

このユーザーの悩みに対する解決策がホームページに掲載されていないと、相続の問題を解決してくれる専門家を探しているユーザーと接点を持つことは出来ません。

ユーザーの置かれている状況に応じた多くのコンテンツがあれば多様なキーワードでヒットします

ユーザーが置かれている状況は様々で、検索しているキーワードも多様です。集客を「相続 地域名」の1キーワードで決め打ちすると、このキーワードで上位に表示出来なければ、集客は全く出来なくなります。

これに対して、ユーザーが直面している様々な問題に対する解決策を掲載することで、1つのキーワードでの集客は少なくても、大量のキーワードでヒットするようになりますし、サイトテーマで統一された多くのコンテンツを持っているサイトになると「相続 地域名」でも上位に表示出来るようになります。

相続で悩んでいるユーザーのことを第一に考える

ユーザーの検索意図は様々

相続で集客するためにSEOを行うには、ユーザーが検索しているキーワードの検索意図と、事務所側が掲載している情報が合わないと検索結果の上位には表示されず、Google経由のユーザーを集客することは出来ません。

検索意図とは、ユーザーが検索するキーワードに込められた疑問に対してユーザーが求めている情報のことです。検索するキーワードでユーザーが期待している回答が検索意図です。

例えば、「相続放棄」で検索しているユーザーの検索意図は、「相続放棄」とはどんなことが出来るのか。検索しているユーザーは、相続放棄は全ての財産の相続の権利を放棄することとは知らず、相続人にとって都合の悪い負債や空き家になってしまった実家だけを相続放棄することが出来るのかを知りたいのかも知れません。

また、相続放棄することによって、不動産など全ての管理責任から逃れることが出来るのかを知りたいのかも知れません。

さらに、相続放棄をすることによって誰かに迷惑がかかるのか心配しているのかも知れません。

そもそも、自分は相続放棄した方が良いのかの判断が出来ず検索しているかも知れません。

このように一つのキーワードでも検索するユーザーによって様々な検索意図が存在します。

相続放棄

ユーザーの検索意図を想定して、適切な回答を掲載する

上記のように、一つのキーワードでもユーザーの検索意図は様々なので、ユーザーの検索意図を十分に検討して、想定される質問に対して専門家として、出来るだけ素人にも分かり易い説明を記載することが「相続」に関連するキーワードで集客する第一歩で、ユーザーに寄り添わない、自分本位の情報の掲載は、Googleからもユーザーからも評価されず、検索結果の上位に表示されることは無く、仮にユーザーにページを読んでもらうことが出来ても、ユーザーが満足しない情報を掲載していては、お問合せには繋がりません。

ユーザーに寄り添わない自分本位な情報とは、例えば、「相続放棄」の場合、上記のような検索意図とは違う、相続放棄の申述について詳しく解説するのは、ユーザーの疑問への回答では無く、申述が受理されなかった場合、やり直しが出来ないことを訴えて、「相続放棄」の依頼を獲得したいと思う事務所側の都合の情報です。

申述についても簡単に記載することは必要だと思いますが、ユーザーが求めているのは、「相続放棄」とはどのようなことが出来るのかや、相続放棄のメリット、デメリットなどなので、ユーザーに寄り添った情報を掲載することが重要です。

ユーザーがどんなことで悩んでいるのかを十分に考えて、ユーザーの悩みが解決出来る、ユーザーにとって嬉しい情報を掲載することが、結果的に集客出来るサイトになるのです。

すでに多くの記事を公開しているのに思ったような集客が出来ていない場合は、掲載している記事がユーザーの検索意図にあっているのか確認すると良いでしょう。

キーワード選定

相続で集客する場合、真っ先に思い浮かぶキーワードは「相続 地域名」だと思います。これは当然で、事務所がある地域で、相続の事案を受注したいと考えるのが普通だからです。

「相続 地域名」で検索しているユーザーは、その地域で相続の専門家に依頼したいと思って検索していますので、相続の専門家として、対応しているサービスや事務所の強みを掲載するのが良いです。

サイトにテクニカルな問題が無ければ、サービスや強みを掲載して、titleタグにも相続と地域名を記載すれば、30位以内には表示されると思います。

10位以内に表示するには、ユーザーにとって有益な相続に関連する豊富なコンテンツを掲載して、サイト全体の価値を高める必要があります。

良質なコンテンツを書いて、サイトの規模を大きくすることが「相続 地域名」で上位に表示する上ではとても重要です。

ユーザーが直面する切実な問題に対する回答を掲載する

「相続 地域名」で検索しているユーザーは相続にそんなに大きな問題は無く、手続きを代行してくれる専門家を探していますが、相続では様々な問題や疑問が出て来ます。

相続が発生する前までは仲が良かった兄弟が、相続を境に対立するようになることもあります。このような切実なキーワードに対するコンテンツの作成はとても良質なユーザーの集客に繋がります。あまり集客出来ていないサイトを見ると、ほとんどが制度の説明が記載されていて、ユーザーの切実な問題にの解決策が記載されていないと言う例が多くあります。

相続で様々な問題に直面しているユーザーにとっては、切実なキーワードで検索した時に表示されるページから得られる情報はとても貴重で、そのような切実な問題に対する回答を掲載している事務所は、依頼者の悩みをとても良く分かっている事務所だと判断され、信頼性が高まります。

相続に関連する切実なキーワードを以下に掲載します。

遺産分割協議 相続人 以外

このキーワードは遺産分割協議に相続人の配偶者などが口出しして来て、分割協議がスムーズに進まず困っている人です。

公正証書遺言 納得いかない

これは公正証書遺言の記載内容に納得出来ず、無効化出来ないかと思っている人です。公正証書遺言を無効化するのはとてもハードルが高いですが、どのような条件なら無効化出来るのか、出来るだけ詳しい説明を掲載しましょう。

相続放棄 空き家

被相続人が亡くなって空き家となった家を相続放棄出来ないかと思っているユーザーです。空き家だけを相続放棄は出来ないことや、相続放棄しても管理義務が生じること。責任を逃れるには、相続財産管理人を選任する必要がありますが、それにも予納金がかかることなど、空き家の相続放棄は簡単ではありませんが、相続財産管理人でも処分できなければ国庫に帰属するなど詳しく記載する必要があります。

相続放棄 保証人

相続財産は正なのですが、被相続人に保証債務があるので、相続放棄すべきかどうか悩んでいるか、相続順位の全員が借金を相続放棄した場合、連帯保証人が債務の弁済を迫られるのではと悩んでいると考えられます。相続放棄のアドバイスは専門家にしか出来ないことなので、専門家としての高い知見を記載することで受任に繋がり易くなります。

遺産分割協議 応じない

「遺産分割協議 応じない」「遺産分割協議 拒否」「遺産分割協議 進まない」で検索しているユーザーは遺産分割協議が開催出来なかったり、協議をしてもなかなかまとまらない人なので、このキーワードでヒットすれば、専門家に依頼する可能性が非常に高いです。

切実なキーワードは相続の専門家への依頼が必須

上記のような切実な問題に直面しているユーザーは自分では解決できないため、解決策や解決出来る専門家を探していますので、上記以外でも切実なキーワードの回答となるコンテンツの掲載を行えば、かなり高い確率で受任することが出来ます。このような切実なキーワードを徹底して見つけ出し、コンテンツを掲載するキーワード戦略が重要です。

切実なキーワードは後述する「相続解決事例」や「相続お役立ち情報」などで掲載すると良いでしょう。

事務所として対応する相続手続きの流れの説明を記載する

「相続 地域名」で検索しているユーザーは、その事務所に相続の手続きを依頼すると、どのような手続きやサービスがあるのかを知りたいので、「相続手続きの流れ」の掲載は必須です。この情報はECサイトで商品のスペックや仕様の掲載と同じで、依頼することで、自分が望むサービスの提供があるのかどうかの判断基準になるので、手続きについての記載が無いと、依頼しようと思っているユーザーの背中を一押しすることが出来ません。

相続解決事例を掲載する

相続でホームページから有効な集客を行うには、ユーザーが直面している悩みに対する回答を掲載するのがとても有効なコンテンツになります。

しかし、ホームページで具体的にどんな内容を掲載すれば、ユーザーの悩みに対応するコンテンツなのかは、ホームページでの集客経験の乏しい事務所ではなかなか分からないと思います。

このようにホームページに何を掲載すれば良いのか分からない場合は、まず、受任した案件で、ユーザーが悩みを抱えていた案件の解決事例を掲載することがとても有効です。

ユーザーは直面している切実な悩みをキーワードにして検索します。相続解決事例にキーワードに近い事例があれば、検索結果の上位に表示されます。

自分が悩んでいる問題と近い解決事例が掲載されていれば、経験のある専門家に依頼したいと思いますので、お問合せに繋がり易くなります。

相続お役立ち情報を掲載する

「相続お役立ち情報」は「相続解決事例」には掲載されていない、相続に関する悩みを解決出来る情報を掲載します。

ただ、ユーザーにとって役に立つと思って掲載しても、全くユーザーが検索していない情報を掲載しても集客に繋がらないので、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べて、少しでも検索されているキーワードでお役立ち情報を掲載しましょう。

検索ボリュームは小さい方が、よりユーザーにとって切実な問題に直面していることが多いので、検索ボリュームが小さいキーワードを無視しないようにしましょう。

キーワードの検索意図を良く考えて、キーワードでユーザーが解決したい問題が何なのかをよく考えて、最良の回答を掲載するようにしましょう。

ユーザーにとって価値ある記事をの作成を継続して、記事の数が多くなるとサイトボリュームが大きくなるので、内部リンクも増加して、SEOには有利になり、メインキーワードの「相続 地域名」でも上位表示が出来るようになります。

お客様の声を掲載する

お客様の声はとても良質なコンテンツです。事務所としてどれだけ良いサービスを提供しているかを掲載していてもユーザーからの支持が無ければ信用してもらえませんし、Googleからもあまり評価されません。

お客様の声はアンケート用紙に記載してもらうと思いますが、その用紙をスキャンして掲載するのとと同時に、内容をテキストで打ち直して掲載することで、Googleから評価されるコンテンツになります。

ユーザーの検索意図に合った良質なコンテンツが多いサイトはGoogleから評価されますが、さらにお客様声が大量に掲載されているサイトはさらにGoogleからの評価が高まる強いサイトになります。

また、お客様の声を対応エリアの市町村のカテゴリーにすると、「相続 市町村名」でもヒットするようになります。

ユーザーは専門家の知見の高さを判断することは出来ません

ユーザーがどの相続の専門家に依頼するかを決定する条件は、相続の専門家として高い知見を持っていることは前提になりますが、一般の顧客が、相続の専門家の知見の高さや高度なノウハウや知識を判断することは出来ません。

ユーザーは、相続の手続きについて十分な説明がなされて、一つ一つ納得出来る手続きをしてもらえる専門家を求めています。

依頼者に寄り添って、親切で丁寧な対応をしてくれる事務所であることが最終手的に依頼する先になります。その判断材料となるのが、口コミやお客様の声です。

また、事務所として依頼者にどう向き合うのかと言う基本的な姿勢についても明確に記載しておくことは重要でしょう。

執筆者情報を掲載する

法律に関連する情報は、Googleの評価基準のYMYL(Your Money or Your Life)に該当する分野で、人間の人生に大きな影響を与える分野で、情報の正確性や執筆者の権威性などが求められる分野です。

コンテンツの執筆者が相続の分野の専門家であることを示す執筆者情報を掲載しましょう。

執筆者情報は投稿の文末に記載すると良いでしょう。

ブログで日記のような情報を掲載するとサイトテーマがぼやける

サイト内にブログを設置している事務所も多いと思いますが、ブログに日記のような日々の出来事を掲載すると、「相続」のサイトテーマで統一されたサイトでは無くなり、サイトテーマがぼやけてしまいます。

「相続」のホームページに「今日、○○さんと夕食をご一緒しました」と言った内容の情報は、相続とは全く関係の無い情報なので、サイトを強化することにはなりません。

また、誰の問題解決にもならない情報は、検索意図に合ったページにはならず、低品質なページと判断されサイト全体のアクセスを落とす可能性がありますので、運営には十分に注意が必要です。

コンテンツを適正に評価してもらうテクニカルSEO

ここまで、コンテンツのことを掲載して来ましたが、どれだけ良質なコンテンツの掲載を行っていても、SEOの基礎となるテクニカルSEOがしっかりと出来ていないとコンテンツを適切に評価してもらえません。

テクニカルSEOのほとんどはSEOの専門家が行うもので、SEOに詳しくない人には難しい内容です。

テクニカルSEOでは、Googleに見せるページと見せるべきでは無いページを明確にして、クローラーの制御を行います。また、ページの表示スピードの改善や重複コンテンツの解消、Googleのガイドライン違反の修正、関連の高いページを内部リンクで繋いで、重要なページをGoogleに知らせるなどです。

相続のサイトは運営者が相続の専門家なので、コンテンツが原因で致命的な問題になることはほとんどあありません。相続のサイトで実際にあったテクニカルSEOの問題はかなり多いです。

テクニカルSEO

誰にでも出来る基本的なテクニカルSEO

クローラーの制御や重複コンテンツの対応やGoogleのガイドライン違反の修正は専門家に依頼しないと出来ないと思いますが、誰にでも出来るテクニカルSEOもあります。

titleタグの最適化

titleタグの最適化は専門家で無くても対策出来ます。titleタグには、検索結果に表示させたいキーワードを含んで、ページの内容を端的に表現した文字列にしましょう。

titleタグのSEOへの影響は減少して来ていますが、それでも大きな影響のあるタグです。タイトルに適切にキーワードを盛り込むことで、上位表示されやすいページになります。

alt属性の記載

alt属性は画像の代替テキストです。Googleはページに掲載されている画像の理解に代替テキストを利用しています。

Googleは画像そのものを検索ランキングの対象には含めていませんが、画像が何なのかを適切にGoogleに伝えることで、本文と関連の高い画像を掲載していることをGoogleに伝えることが出来ます。

適切な内部リンクを設置する

Googleは本文から設置されているリンクによってページ毎の関連性の判断をしています。本文にある文字列から、関連の高いページへのリンクを設置することで、Googleに対して重要なページを知らせることが出来ます。

特にGoogleに評価して欲しいページに向けて、関連の高いページの本文からリンクを設置すると良いでしょう。

SEOで「相続 相談」で3位以内を実現

「相続 地域名」は競合する事務所が数が限られているので、そんなに専門性の高いサイトにしなくても検索結果の3ページ目ぐらいには表示出来ますが、「相続 相談」は全国の相続のサイトが競合になりますので、上位表示はとても難しいキーワードです。

当社では、上記で説明して来た、様々な対策を行い、「相続 相談」で3位以内を安定して実現し、日によっては1位に表示されることもある成果を上げた実績があります。

Googleからの流入数を大幅に改善

相続の検索流入数の推移

「相続 相談」で3位以内を実現したサイトの検索流入数の推移です。

このサイトは元々、事務所の先生がネット上の情報を頼りに、自分でサイトの制作をされて、リスティング広告もせず、自然検索からの流入確保に力を入れ、SEOも自ら情報収集を行って運用しておられましたが、思うような成果が上がらず、もう限界だと、ご相談を頂きました。

相続の問題解決をネット上の情報をつまみ食いして対応するのは危険なことが多いのと同じで、SEOもネット上の情報をつまみ食いして対応すると、一貫した対策にならず、成果が上がりません。

このサイトの場合は、コンテンツは良質な情報を掲載しておられましたが、テクニカルSEOで大きな問題を抱えていて、せっかくの良質なコンテンツをGoogleに適正に評価されていませんでした。

コンテンツはほとんど触らずに、テクニカルな問題の修正を行うことで劇的に検索流入を改善することが出来ました。

高度な分析により最適化

分析

相続の集客に関わる豊富な経験と共に、高度な分析ツールを使用して、上位表示のための最適化のための情報をご提案し、売上げ向上を強力に支援いたします。

ユーザーにとって最良の回答を掲載することが最大のSEOですが、上位表示するための条件を数値化して具体的に何が不足しているのかを明示し、効果の高いSEOを行います。

自社分析は勿論、競合調査も可能です。

相続に特化したSEO施策をご提供

相続は特にコンテンツが重要な分野です。しかし、士業の皆様はほとんどコンテンツの作成には大きな問題はありません。相続のサイトで競合サイト以上の検索順位にならないのはほとんどはテクニカルな問題です。ペナルティを受けるリスクの高い外部対策は行わず、テクニカルSEOと良質なコンテンツの作成とコンテンツに必要なキーワード分析に集中して、価値の高いサイト構築のサポートを行います。

新たに相続のサイトを作成される方や、これまで相続のサイトを運営したけれど成果が上がっていないサイトを所有している方は是非お問合せ下さい。

月額55,000円(税込み)で全て対応

テクニカルSEOからコンテンツSEOのキーワード選定から記事作成やリライトの情報提供まで、全て込みで月額55,000円(税込み)で成果の上がるSEOを実施いたします。マーケティング全般のコンサルティングやWEBサイトの様々な問題についてのご相談にも対応いたします。

相続で悩むユーザーに対して、誠実にサービスを提供している事務所が正しくコンテンツを掲載し検索結果の上位に表示する取り組みを続け、Googleから正しく評価されるようにいたします。

相続のSEO改善事例も掲載しています。

SEOは何が正しいか分からないことも多くあります。施策を行った後で施策が正しかったかの検証もとても大切です。施策を行った後の実績を確認して、確実に成果に繋がるようにサポートを行います。

事務所内で記事作成のリソースが無い場合は、別途専任のライターによる記事作成も承ります。また、ホームページ制作や広告運用も別途承ります。

無料相談、お問合せ

現在、サイト運営されていてのお悩みや、新規のサイトを開設をご検討の方のご相談やお問合せを無料で受け付けております。

お気軽にお問合せ下さい。

Posted by koji shimizu